不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 更地から基礎完成へ(基礎完成編)
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

更地から基礎完成へ(基礎完成編)

新築一戸建ができるまで

閑静な住宅街に、新築住宅が建築されました。

完成まで約3ヶ月。更地から完成までを撮影致しました。

今回は、外観のみの画像です。

更地

施主の想いを込めた3ヶ月のドキュメント。
これからこの宅地に、基礎が姿を現します。
良く見ると、基礎部分の形に沿った
白いロープが張られています。
もちろん、地盤検査も完了しており、
小さな穴があいていました。
この後、地鎮祭が行われました。

割栗

ベタ基礎のための下地つくり。
ベタ基礎の下には、砕石を敷き、
住宅の土台を支える部分には
コンクリートを流しているんですね。

配管設置

配管類を設置し、鉄筋を組んでいます。
画像手前にお風呂やトイレ、洗面台などの
水周りがくるんですね。

鉄筋と型枠

砕石の上に、湿気をシャッタアウトする
ビニールシートを張り、その上に鉄筋が
組まれています。これで湿気とはおさらば。
そして、基礎の土台部分を作るための
型枠が組まれています。

コンクリート流し

いよいよコンクリート流し。
空気を抜きながら、丁寧に表面を平らに
していました。
どうか雨が降りませんように・・・。

鉄筋除去

天候に恵まれ、すっかり乾きました。
基礎内の余分な鉄筋を撤去し、
次に住宅の土台を置く部分を作ります。

土台型枠

土台を置く部分の型枠組みと
基礎と土台を結ぶアンカーボルトも
設置します。
また、基礎の内側には断熱ボードも同時に
設置しています。

内側コンクリート流し

型枠をしっかり固定し、アンカーボルトの
向きにも気をつけながらコンクリートを
流し込みます。
ここまでくれば完成間近!

基礎完成

乾燥後に型枠を外すとこの通り。
綺麗な基礎が姿を現しました。
いよいよ、住宅の建築にかかります。

新築一戸建ができるまでのつづき

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)