不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 歩道切り下げ
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

歩道切り下げ

進入路のための歩道切り下げ(インターロッキング仕上げ)

分譲地を分筆したため、進入路がなくなってしまいました。

道路と宅地をさえぎっている「クスノキ」や「サツキ」を移植し、

段差を極力なくし、車でも進入できるようにしました。

現況

大きな「クスノキ」と「サツキ」が
道路と宅地をさえぎっています。
撤去をしますが、移植先で無事、
根を張るように願っています。
枯れませんように・・・。

現況2

歩道のインターロッキングを剥がし、
車が出入りできる様に傾斜を付けます。
また、歩道の下に水道管が配管されて
いるので、同時に水道の引き込み工事も
行います。

現況3

右側にある電柱とクスノキは残します。
完成時には視界がパッと開けたような
明るい雰囲気のある宅地になることを
願っています。

インターロッキング剥がし

インターロッキングを剥がします。
再利用するので、丁寧に作業を進めます。
ハケで泥を掃っていました。
地道な作業が続きます。

クスノキ

植木職人が、クスノキを撤去します。
広がった枝葉を落とし、持ち運びが
しやすいように整えます。

サツキ

サツキも枝を落として、すっきりとさせて
移植します。一株一株、根を大切にして
撤去していました。

撤去

クスノキとサツキを撤去しました。
緑が無くなり、少し寂しくなりましたが、
視界が広がり、開放的な雰囲気になり
ました。

クスノキの根

予想以上に、クスノキの根が地中で
拡がっており、撤去するのに一苦労。
自然の力には、いつも驚かされます。
既存のコンクリートやブロックを壊さない
様に、慎重に作業は進められました。

傾斜

既存の歩道ブロックを撤去し、新たな
歩道ブロックを設置します。
今回は一段下がりのものを使用し、
できる限り間口を有効に利用することに
しました。間口は6メートルです。
右端では、水道管を探しています。

歩道ブロック

車高の低い車でも地面にすらずに利用
できるように、段差を極力なくします。
歩道ブロックを調整して設置しました。

ブッロクカット

歩道とサツキの境界にもブロックを設置
します。

水道引き込み完了

宅地内に水道メーターBOXが設置
されました(左端の水色のもの)。
水道管を引き込むために掘削したので、
埋め戻した所です。

転圧

いよいよ下地造りも終盤!
何度も傾斜の角度を調整しながら
ようやく、決まりました。
地盤を固めて、作業終了です。

下地モルタル

いよいよ作業も最終段階!
インターロッキングを敷き詰めていきます。
まずは、しっかりとモルタルを敷き、
インターロッキングがずれたり、
波打たない様に施工します。

インターロッキング敷き

ひとつ一つ、ハンマー片手に丁寧に
敷いていきます。
地道な作業ですが、この手間がきれいに
インターロッキングを敷く秘訣のようです。

角度調整

角度調整もハンマーひとつで行います。
なだらかな傾斜になるように、
微妙な調整をしながら設置しています。

端末処理

端っこは、ひとつづつカットして設置します。
これが最後のピースになります。
本当にお疲れ様でした。

目地

目地に砂を入れて、インターロッキングを
固定していきます。
ここでもハンマーが役に立ちます。
ほうきで砂を目地に入れ、ハンマーで
インターロッキングを叩いて振動させる
ことで、目地の奥に砂を入れるそうです。
本当に地道な作業でした。

完成

無事、完成しました!
傾斜の角度もいい感じです。
6mの間口なので車も安心して通れます。

完成2

思ってた以上に、開放感のある宅地に
なりました。土地の価値も上がったように
見受けられます。

完成3

すっきりですね。見事に視界が開けました。
あとは、土地を選ばれる方との出会いを
楽しみに待ちたいと思います。

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)