不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 上水道本管(200mm)と接続
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

上水道本管(200mm)と接続

敷地内水道管と本管がつながりました!

敷地内に水道管を埋設して一段落した後、

次に前面道路に埋設されている200mmの本管との接続作業。

200mmの本管ではありますが、作業は気の抜けないものでした。

はじめ

この道路に水道本管が埋設されています。
今回はガードレール側に埋設されている
200mmの本管から分岐する作業に
なります。

カッター

まず、アスファルトをカッターで切断します。
引いた線に沿って慎重に進みます。

アスファルトはがし

線上に切れ目を入れ、ショベルカーで
持ち上げながらはがします。
アスファルトは見た目以上に重いですね。

本管

掘り進めると本管が姿を現しました。
この本管から水を分けてもらいます。

器具取り付け

分岐するための器具を取り付けました。
いよいよ穴あけ作業に入ります。
上部のねじを外してドリルを固定します。
水漏れしないかドキドキです。

穴あけ

取り付けたドリルが作動しています。
なかなか進まない・・・。
どうやら刃が悪いらしい・・・。
無事に終わりますように。

パッキン

無事貫通!よかった、よかった。
次に本管の切り口が錆びない様に
パッキンのようなものを取り付けます。

器具取付終了

器具の取り付け、穴あけ作業は終了。
いよいよ配管の取り付け作業を行います。
写真の上側の大きなナットのような部分に
水道管が取り付けられます。

カバー

40mmの水道管を取り付け(写真上側)、
器具を保護するカバーを巻きます。

配管埋設

写真手前の左右方向に本管があり、
L字型に配管し、上側の敷地を
目指して進んでいます。
保護目的の非常に細かい砕石を本管、
水道管の上にかけています

転圧

砕石を全体にかけた後に、転圧し、
しっかりと固めます。

目印

将来、工事をする場合を考えて、
本管、配管の上に目印を埋めておきます。
これで次に工事をする時に、水道管を壊す
「水漏れ事故」は防げますね。

敷地との境目

ちなみに敷地との境目はこんな感じです。
側溝の下側を掘って敷地に向かいます。

止水栓

次に敷地側の作業です。
写真右側が先程までの作業現場に
つながります。
敷地内の配管はこんな感じです。
右側に見えているグレーのパイプが
止水栓になります。

全体像

敷地側から、パッシャ。
全体はこんな感じです。

埋め戻し

敷地内の水道管も同じように仕上げます。
止水栓が煙突みたいですね。

転圧2

いよいよ埋め戻しです。
砕石を入れ、転圧し、車が通っても
大丈夫なように作業を進めます。

レミファルト

今回、道路部分は仮復旧にするため、
アスファルトではなく、レミファルトを
使用しています。

転圧3

転圧のみで固めていきます。
見た目はアスファルトですが、
柔らかいので足型が付いてしまいました。

完成

一日がかりでついに完成!
地域の方には、通行止めでご迷惑を
おかけしましたが、事故もなく無事終了。

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)