不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > ブロック擁壁
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

ブロック擁壁

境界のためのブロック擁壁(4段)

将来、住宅地となるこの土地にブッロク擁壁を構築しました。

向かって左手前側の土地は「田んぼ」ですので、

近々、水を入れて田植えの準備を行うようです。

その前に、境界の明示と水の浸入を防ぐために壁が必要となりました。

更地

将来の住宅地になる土地。
田んぼと共存できる環境にするために、
ブロック擁壁の構築が始まります。

丁張

まずは丁張り。
基礎を造るための下準備です。
隣地境界を越境しないように、
ブロックが曲がらないように
きっちりと寸法を出していきます。

床掘

目印に沿って掘り進めます。
今回は基礎を650(幅)×200(高さ)ミリ、
ブロック4段積(800ミリ)にするので、
深さ約400ミリ掘っています。

型枠

基礎を作るための型枠が組まれています。
通常は、基礎の下に砕石を敷きますが、
田からの水の浸入を少しでも防ぐために
粘土状土地に直接コンクリートを打ちます。

鉄筋

型枠の次は鉄筋の配筋です。
将来、600ミリ分の真砂土を盛る予定です。
鉄筋の太さは、立ち上がりを13ミリ、
横筋を10ミリにし、ガッチリガードします。
いつも思いますが、職人さんの
地道な作業には頭が下がります。

鉄筋組

配筋完了!
後は手前側にも型枠を組めば、
いよいよコンクリートを流し込みます。

基礎

コンクリートを流し込み
幅650ミリの基礎が姿を現しました。

基礎2

あとは固まるのを待ち、型枠を外せば、
いよいよブロック積み作業です。

ブロック積

天候にも恵まれ、無事乾燥しました。
これから地道な作業が続きます。
職人さん、本当にお疲れ様です。

ブロック積2

基礎の上にブロックを4段積みます。
残り1段です。
職人さん、あと一息ですよ!

ブッロク積完成

ブロック積完了!
基礎とブロック1段埋め戻されていますが
基礎200ミリ、ブロック800ミリの高さの
擁壁が完成です。残るは整地だけです。

整地

整地も終わり、完成しました!
真っ直ぐで綺麗なブッロク擁壁です。
将来、盛土をするので天板以外は見えなく
なりますが、その日まで、水をさえぎり、
土を受け止め、しっかり土地を守って
下さいね。

ブッロク擁壁完成

別アングルです。
奥側の土地に住宅が姿を現す日が
待ち遠しいです。
それでは、また、その時まで・・・。

盛り土へ

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)