不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 地盤改良
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

地盤改良

羽根付き小口径鋼管杭

この土地の支持層は8〜9mにあるため

6mと3mの2本をつなげた9mの鋼管杭を

合計24本打ち込みました。

地盤調査

この日も一日中雨が止みませんでした。
びしょ濡れになりながらの作業でした。
このお仕事も雨天決行なんですね。

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験です。
思った以上に速い速度で落下していき
ます。ひょっとして軟弱地盤・・・?
結果は表層改良や柱状改良ではなく、
鋼管杭の方が適しているという判断が
下されました。
このエリアでは標準的な地盤な様で、
しっかりしている方だということで安心
しました。

杭印

鋼管杭を打ち込む箇所をマークして
います。文頭にもあるように、
32坪の土地に24本の杭を打ちます。

羽根付き小口径鋼管杭

6mの羽根付き小口径鋼管杭です。
これが支持層に突き刺さるんですね。
先端がねじのようになっており、
羽根が付いています。

打ち込み

6mの鋼管杭を立てると高さが際立ち
ます。これがすっぽりと埋まるんです。
ドライバーでねじを締めるように
地中にねじ込んでいきます。

3m杭溶接

6mの鋼管杭を途中まで打ち、その後、
3mの鋼管杭を溶接している所です。
これで全長9mになりました。

9m鋼管杭

3mの鋼管杭を継ぎ足すと、このように
なります。
くどいようですが、
この長さの杭が地中に埋まります。

鋼管杭打ち込み完了

鋼管杭をすべて打ち終えました。
この杭はすべて9mの長さです。
よく見ると杭の頭がデコボコしています。
支持層が多少波打っているようですね。

鋼管杭カット

鋼管杭を切り揃えます。
住宅を建築するための基礎の底が直接
接触するようにカットしていきます。

鋼管杭フタ

鋼管杭は中が空洞なため、
切断面にフタを付けていきます。

フタの溶接

鋼管杭とフタを溶接しているところです。
火傷に注意して下さいね。

フタ完成

フタを溶接した鋼管杭です。
このフタの部分が基礎の底と接触
するんですね。

鋼管杭作業終了

鋼管杭の打ち込み作業終了!
切り揃えられたためスッキリしました。
地中から住宅をしっかり抑えてくれる、
まさに縁の下の力持ちですね。

基礎完成へ

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)