不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 木工事
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

木工事

いよいよ木工事!

室内に様々な造作物が誕生し、間取などの雰囲気が分かり始めます。

想像が膨らみ、楽しい時期でもありますね。

また、大工さんの腕の見せ所でもあります。

階段

階段の設置作業です。
階段ができるまでは、はしごや足場を
利用して2階に上がっていました。
これで昇り降りが楽になりますね。

階段裏

階段を裏から撮影してみました。
ナチュラルカラーの無垢の踏み板なので、
階段を上る感触も温かそうですね。
ちなみに、この撮影場所は階段下のトイレ
になります。

階段手摺

手摺にはインパクトのある檜の変木です。
自然の曲線を生かして取り付けます。
このような「木」が使用されるだけで、
味のある住宅になりますね。

踏み板

階段が姿を現しました。
石膏ボードを壁面に貼れば完成です。
階段下には、収納スペースとトイレが
できました。29坪弱の住宅なので、
無駄なスペースをなくします。

階段手摺2

窓を設置し、光や風を呼び込みます。
施主様は、できる限り自然の力を利用して
生活をしたいと考えていらっしゃいます。

階段完成

階段が完成しました。
木の香りが漂ってきそうですね。
腰板、手摺、丸い柱、皮を剥いただけの
自然な姿で住宅を支える大黒柱・・・。
すべて檜ですが、表情がそれぞれ違うので
比べる事ができない魅力があります。

収納スペース

左の扉を開けると、階段下収納スペース
になっています。階段下が有効活用され、
使い勝手が良いスペースになりそうです。

L型棚

ウォークインクローゼットに取り付けた
L型の棚です。見にくいですが、
突き当りにも棚があります。

L型棚2

石膏ボードを貼ると収納スペースらしく
なりました。
工務店の標準仕様で、天井までの高さは
1階が2700ミリ、2階が2500ミリに
なっているので、この棚も狭い空間の
有効利用の一環です。

L型棚バー

棚の下には服を掛けるためのバーを
取り付けます。
案外、洋服や帽子、かばん等の収納には
困ってしまいますが、
このハンガー掛け付きのL型棚は
役に立ちそうですね。

畳コーナー

リビングに畳コーナーを造ります。
標準仕様では和室を1室選べるのですが、
スペースの関係で約2.5畳の畳コーナー
とした様です。
手前は無垢の木のカウンターになります。

畳コーナー2

単なる畳コーナーではなく、腰掛にもなり、
収納スペースも確保するため400ミリ
床から上げて造っています。
畳コーナーの前には檜の大黒柱が自然の
形を残して立っています。

畳コーナー収納

現場担当の工務の方のアイデアで、
奥行が約1500ミリある引き出しが
2個付いています。
かなりの量の小物が納まりそうなので、
リビングに収納棚を置かずに広く使える
予感がします。

押入

設計がメーターモジュールを採用している
ため、各空間が広く感じられます。
この押入も内寸で幅1900ミリ、
奥行900ミリなので収納力たっぷりです。

押入2

床には合板のフローリングを敷き、
その他はシナベニヤです。
床が収納家具でささくれるのが嫌だった
のでフローリングにした様です。

押入3

枕棚、中段、ハンガー掛けを設置しました。
右手奥側には長尺物やコート類が
掛けられる様に中段を造りませんでした。
後から聞いたのですが、ハンガー掛けと
中段の間隔が狭かったため、洋服は掛け
られなかった様でした。
家創りは、ちょっとした箇所でも気が抜け
ないことを痛感しました。

玄関収納

玄関からの撮影です。
玄関スペースも檜の腰板に囲まれている
ため、扉を開けると檜の香りがします。
帰宅した瞬間に、癒されますね。
突き当たりに見えるのも収納スペースで、
奥行は1800ミリあります。スキーー板の
収納スペースの様です。
この収納スペースも畳コーナーの空間を
利用しています。

玄関天井

玄関の天井です。
工務店のご好意でアクセントを付けて
下さっています。
このワンポイントで玄関の雰囲気が格段に
良くなるそうです。

本棚

標準仕様で、造り付けの本棚を2箇所設置
できます。無理を言って床から天井まで
可能な限り利用してもらいました。
見た目以上に、本の収納には役立ちます。
壁面を利用しているので空間を有効利用できますね。

丸太梁

リビング天井の檜の太鼓梁が2本見えて
います。そして、左側の梁は15寸の檜の
通し柱に組まれています。
木に囲まれたリビングで、生活できる
施主様が羨ましいです。

パソコン机

廊下のデッドスペースを利用したパソコン
コーナーです。備え付けの机と棚がある
ので、市販の製品寸法を気にせずに
有効に利用できますね。
また、右側の木は檜の変木です。
全体像は次回紹介します。
それにしても、廊下も無駄にしないこだわり
に感心させられました。

設備工事へ

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)