不動産仲介業は一英ネット株式会社(不動産仲介業者)へ

岡山県津山市小田中一英ネット株式会社事務所
〒708−0006 岡山県津山市小田中1300番地の2  Tel:(0868)32−1577  Fax:(0868)32−1578   お問い合わせ
不動産仲介業情報トップ > リフォームの記録 > 側溝&横断溝
賃貸物件 住宅購入 土地購入 事業用物件 月極駐車場 リンク集 会社概要 Q&A

側溝&横断溝

位置指定道路に側溝&横断溝設置

位置指定道路に側溝&横断溝を設置します。

勾配をとりながら施工し、雨水を排水溝へ導きます。

はじめ

位置指定道路に側溝を設置します。
道路幅員5mを確保し、設置場所を
決めていきます。
幅300ミリ、深さ500ミリの側溝を使用
します。

砕石

側溝を載せる基礎を作ります。
厚み100ミリになるように、砕石を敷き、
転圧します。

モルタル

転圧した砕石の上にモルタルを30ミリ
敷きます。
そして、側溝を載せていきます。

排水溝

以前施工したL型側溝と排水管に側溝を
接続します。
この箇所を通り、宅地内の雨水を排水
します。

側溝調整

寸法を合わせるために側溝をカットして
います。これがなかなかの重労働です。

目地詰め

一箇所、一箇所、地道に目地詰めを行い
ます。地道な作業が大切になります。

目地詰め完了

目地詰めが完了し、これで側溝が1本に
繋がりました。
それと同時に、水漏れも防いでくれます。

地先境界ブロック

位置指定道路の最終地点と宅地の
境界に、地先ブロックを設置します。
まずは幅350ミリ、厚み100ミリの基礎を
造ります。

コンクリート流し

型枠にコンクリートを流していきます。
こぼれないように慎重に作業を進めて
います。

コンクリート押さえ

型枠に流したコンクリートを均等に
ならしていきます。

ブロック

コンクリートが乾いたら、側溝と同様に
モルタルを敷き、コンクリートブロックを
載せます。
そして、目地を入れ、乾燥を待ちます。

地先ブロック完成

地先ブロックが完成しました。
将来、道路として埋まってしまう部分です。
真ん中付近が高くなっているのは、
道路の路盤を雨水がたまらない様に
アーチ状するため、そのアーチの弧に
合わせているためです。

横断溝

次は横断溝を設置します。
住宅建築時には大きなトラックが何度も
往復するため、横断溝が沈まないように
工夫して作業を進めます。
まずは横断溝の下に厚み100ミリの
コンクリート基礎を造りました。

側溝設置

勾配に注意しながら設置していきます。
基礎の上に厚さ30ミリのモルタルを
敷いています。

型枠

進入路隅切り部分と横断溝接続部分は
形状と強度を考慮し、現場打ちコンクリート
仕上げにします。

横断溝完成

横断溝が完成しました。
これで雨水は排水溝へと流れます。
工事期間中、雨の日が多く、悩まされて
いましたが、これからは雨水が道路に
溜まることを防げるでしょう。

横断溝完成2

進入路から見て二本目の横断溝です。
この二本目の下まで既に水道管と
ガス管を配管しています。
設置後に配管工事を行うと、横断溝の下を
トンネルのようにくり貫いて行うため、
埋め戻しても土が締まりきりません。
将来、横断溝が沈むかも知れないという
不安要素を残さないように行いました。

横断溝完成3

位置指定道路部分と側溝&横断溝です。
下水道、水道、ガス工事が終われば、
アスファルトで舗装して、造成工事終了
になります。
宅地造成完成まであとひと息です。

リフォームの記録に戻る

このページのTOPへ

Copyright(C) 2007 一英ネット株式会社 (不動産仲介業者)